費用も大変

協議離婚の解決が見えず、裁判所の調停委員に介入してもらい、調停離婚へ解決の道を模索した、しかし第三者を介入しても話し合いがうまくいかず、結果的に裁判となるケースも約1%あります。
かなりもつれにもつれた離婚ケースとなりますが、多くは財産分与に関してまたお子さんの親権を求めてという事で調停離婚から裁判離婚に移行します。

調停離婚においても裁判所の調停委員が介入しますが、裁判離婚では裁判所が夫婦に離婚の判決を下すというものなので、夫婦は話し合いで解決できない離婚問題を家庭裁判所の結審にゆだねるという事になります。
調停離婚でも弁護士を付ける方が多くなっていますが、裁判離婚の場合、弁護士の必要性が高くなるので費用も時間もかなりかかってしまいます。

裁判離婚になると離婚理由に関して第三者が知るところになり、夫婦だった二人が醜い争いを行う事になるので、離婚は早く解決するためにも費用をかけないためにも、出来る限り協議離婚すべきです。

話し合いで解決するにも最近は弁護士に依頼する方も多く、協議離婚の場合も、専門家の介入がある方が、より解決が早くなります。
離婚は結婚よりも体力が必要で、精神的にも疲弊します。
お互いによく考えて結果を出す用にしなければなりません。

Post navigation