将来を見据えた話し合い

日本人の離婚の場合、9割が協議離婚です。つまり夫婦間で離婚の話し合いを行い、両者が納得し同意の上で離婚届を提出し、離婚が成立するという方法です。
この場合、話し合いが難航する事があったとしても、調停離婚や裁判離婚と比較して時間がかかりませんし、費用という面に関しても理想的な離婚です。

もし協議離婚できないと考える場合でも、共に話し合い協議離婚で離婚が出来ないかどうか、努力しなければなりません。それでも無理という場合、調停、また裁判による離婚に踏み切る事になります。

協議離婚はお互いに納得した離婚となるので、時間も費用も掛かることなく一番理想的な形です。
しかし、この協議の間に財産分与に関して、また養育費など費用面に関してしっかり取り決めを行わずに離婚してしまうと後に大きなトラブルに発展する事にもなります。お子さんがいない場合でも、一度婚姻関係になった夫婦が離婚するというのは、様々な面でしっかりとした話し合いが必要となるのです。

離婚に向けて話し合いをする際、円満に近い離婚であっても費用面などは公正証書に残すなど将来お互いにトラブルとなるようなことを避ける方法を選択しなくてはなりません。
離婚して年数がたてば申し立てなどもできなくなりますし、離婚してから話し合いで解決しようとしてもなかなかできないものです。